深澤直人深澤直人

1956に山梨県で生まれ、彼は多摩美術大学のインダストリアルデザイン学部卒業しました。 常駐デザイナーとして腕時計などの超小型電子機器の設計を担当していました。
1989深澤で米国に移住し、all'IDEO、当時の日本のプロダクトデザイナーのための非常にまれなケースに入りました。 当時シリコンバレーは、コンピュータ技術への強い成長のおかげを受けた、と深澤コンピュータや地域の企業のための電子部品の設計だけでなく、医療機器、家具、スポーツ用品に主に専念しました。 1996に彼は彼が責任になった東京でIDEOの本社を形成し、日本に戻りました。 2003で深澤直人デザインを作成しました。

深澤氏の製品設計へのアプローチは非常に独創的であり、「思考なし」と「行動に溶け込むデザイン」のコンセプトは、国際レベルでコンセンサスを得ています。 Fukasawaは、プロジェクト自体の目的として、ユーザ、オブジェクト、環境の完全性と調和のとれた関係を醸成する手段として、デザインのシンプルさを考慮しています。 この考え方は「アウトライン」とも呼ばれ、描写されています。 描写とは、オブジェクト、人、環境の間の関係の境界を定義することを意味します。 現在、東京に住んでいて、小規模なチームを持ち、多くの重要な国際企業と協力しています。

業界のための例として2007の芸術の王立協会によるinsignitogli産業名誉ロイヤルデザイナーのタイトルに加えて、深澤は、他の多くの賞を受賞しています。

深澤は21_21サイトのデザインの取締役の1と無印良品のデザインのための諮問委員会のメンバーです。 彼はまた、大統領の「グッドデザイン賞、「武蔵野美術大学教授、客員多摩美術大学教授と経済アプリケーション産業省の戦略的設計に関する研究グループのメンバーです。


結果を表示します