ビジュアル

Emanuele Spano /「TorreSaracena」のもうXNUMXつの賞、「I'm Where I Live」が、国際的なA'DesignAwardを受賞

Im_where_I_live
Emanuele Spano /「TorreSaracena」のもうXNUMXつの賞、「I'm Where I Live」が、国際的なA'DesignAwardを受賞 それが変更されました: 2012-05-11 di ベネディクト花

古代の村ムロレッチェス(LE)にあるサラセンタワーのモデルから着想を得たヴィラスタジオ、レッチェデザイナーのエマヌエーレスパーノのプロジェクト「I'm Where I Live」が、シルバーA 'デザインアワードを受賞しました。

世界中からの2500コンテストの参加者、他に、そして40のカテゴリに分け:スパノはインテリアデザインを争った。
数ヶ月日24時間が主催する競技の勝利の後、ドラフトエマヌエーレスパノは、毎年国際的なデザインの卓越に報いる」デザイン賞で、今回の認識を受け取る。
受賞者は、学術界(Politecnico di Milano、カンナム大学-韓国、江南大学-中国)および企業界(Mercedes-Benz Italy、Sydney D Apparel&Fashion-)から選ばれた、この分野の30人の専門家で構成される一流の国際審査員によって選ばれました。中国; TSKCアーキテクツUSA)。 インテリアデザインカテゴリーのコンテストのエントリーは、機能性、人間工学、革新性、詳細、技術などの側面で投票されました。

Emanuele_Spano_Ritratto

「私は本当に興奮しています-エマヌエーレ・スパノは宣言します-私のプロジェクト「私は私が住んでいるところです」が認められたことに対して、これは特に国際的な専門家の審査員によるA'Designによるものです。 伝統と革新の融合がデザインの基本であり、これが私の作品に浮かび上がるものだと思います。非常に現代的なオブジェクトと、遠い時代を語る建築、とりわけ私の土地、Puglia」を組み合わせたものです。
「I'mWhereI Live」は、主にレッチェ石で建てられ、重要な企業のデザインオブジェクトを備えた広いリラクゼーションエリアを備えたワークスペース、スタジオです。 エネルギー節約のためのソリューションとゼロキロメートルの材料の使用を備えた環境に優しい構造で、領土自体で利用可能であり、特定の完全に自然な換気システムを備えています。

emanuele_spano_im_where_i_live_001

emanuele_spano_im_where_i_live_005

emanuele_spano_im_where_i_live_010

emanuele_spano_im_where_i_live_022

emanuele_spano_im_where_i_live_030

emanuele_spano_im_where_i_live_031

emanuele_spano_im_where_i_live_058

詳しくは ここで
www.emanuelespano.it

お勧めの関連ガジェット

返信