ビジュアル

4th Izmo国際サマースクール - パブリックアートと(半)公共空間

バナーIzmo ssの2013 930 web1
4th Izmo国際サマースクール - パブリックアートと(半)公共空間 それが変更されました: 2013-06-07 di ベネディクト花

Izmo 22年1月2013日からXNUMX月XNUMX日まで、トリノでIzmo International Summer Schoolの第XNUMX版を開催しました。これは、パブリックアートと(半)パブリックスペースを扱っています。 このコースは、学生、卒業生、専門家、そして一般的に、持続可能な芸術と創造的なデザインに興味のあるすべての人を対象としています。

講演会(英語)は、芸術作品、都市デザイン、文化管理の分野に携わる専門家、教授、芸術家によって開催され、テーマを幅広く学際的に見ることを目的としています。 さらに、学生は、さまざまな素材を使って創造的に作業し、参加型の設計手法に取り組むことを可能にする、持続可能でインタラクティブな設計方法を直接体験する機会があります。

提供トレーニングは、さらに彼らのプロジェクトが表示されている、使用のためのゲスト講師天分/ [クロアチア-オーストリア]、マウリツィオCilli [イタリア]、ディオゲネス[イタリア]、ダミアーノAliprandi [イタリア]、真にデザイン[イタリア]との出会いによって強化されますと話題に近づく。 参加者は、特別にOGRのスペースのために設計されたシステムを実現すること天分と協力します。

学生は必要なすべての資料と作業ツールを受け取り、Izmoメンバーはプロジェクトの各フェーズでメンターになります。 サマースクールの参加者には、Politecnico di Torinoによって認識され、他の大学(ECTSを使用)に譲渡できる4つのクレジットが割り当てられます。
さらに、当社は、物流、研究施設、モビリティや観光で継続的なサポートを提供します。

詳細については、訪問のため サマースクールのミニホームページ.

お勧めの関連ガジェット

返信