デザインニュース

ミラノのXXIトリエンナーレで、ディスプレイ上のCRISTINA RUBINETTERIE。

ミラノのXXIトリエンナーレ、ミラノ家具見本市は「ROOMS」表示デザインcontemporaneの唯一の最大かつ最も有名な指数のために選択しました

続きを読みます...

アーキテクチャ

アントニオRavalli建築家、美濃

フェラーラのミリアリノにあるユースホステルでの元カナピフィシオの回復プロジェクト。 介入は、かつてのカナピフィシオの回復から得られたミリアリノの市営多目的センター内にあり、ユースホステルを収容することを目的とした510平方メートルの建物の一部に関係しています。 このプロジェクトは、地域の資金の削減と疑わしい営業収益性を考慮して実行することができます。 したがって、管理の側面はプロジェクトの中心的な要素です。経済とエネルギーの節約が主な目的になります。 介入は次のように考えられています

続きを読みます...