サローネ2015

Kosho上島歯ブラシは水のみで使用する、がmisokaを提示します

高1426507956がmisoka写真
Kosho上島歯ブラシは水のみで使用する、がmisokaを提示します それが変更されました: 2015-07-03 di ジェシカzannori

日本人デザイナー上島光翔(インダストリアルデザインスタジオ)が、水だけで歯磨き粉を使わずに使用できる歯ブラシ、ふおりさろ2015で美坂を紹介します。

このプロジェクトは、製品の開発をミネラルナノテクノロジーに委託している大阪の夢書国人株式会社とのコラボレーションに端を発しています。

夢書人(日本語で「夢の職人」)は、職人技と高度な技術を組み合わせ、「世界に感情を伝える」という考えを持っています。

がmisoka:ナノテクノロジー、ミネラルイオン水(純水)

ナノテクノロジーを利用する目的は、10億分の1メートルのオーダーの大きさによって特徴付けられる。 歯ブラシがmisokaの剛毛は、実際には、ナノメートル寸法のミネラルイオンでコーティングされている。 あなたはブラシのような、イオンが水に移動し、汚れを除去してコーティングし、一日中清潔で光沢のある、それらを保つことによって歯にブラシ毛を渡す。

伝統的な剛毛とは異なり、より良いクリーニングと歯間の領域をマッサージするためのヒントに薄いものがmisoka。 ちょうど歯医者でクリーニング歯のセッションから出てくるようにしても歯磨き粉なしで、歯は光沢があり、きれいです。

みそかという日本語の表現は「月末日」を意味し、歯ブラシは毎月交換する必要があり、その後劣化して効果を失います。 ミソカはまた、「純粋な水で体と精神を浄化する」という意味のミソギという言葉に由来しています。 ミソカで歯を磨くということは、ミネラルのエネルギーを使うことを意味する場合(設計段階で上島光将が観察した)、このジェスチャーは単に水で磨くことと同じです。 このようにして、歯を磨く新しい方法が生まれます。

高1426507975がmisoka写真

新たな水ブラッシングのコンセプト

第一世代モデルと日本市場と2007以来、アジアの上に存在するが、すでに2万個を販売し、misokaが、交商上島(TIDS)の新しいプロジェクトにミラノデザインウィーク2015、ヨーロッパおよびその他の国でデビューしている完全に再設計されている。

新しい洗練された流体misokaが水、流体要素飛び抜けて優秀の形状に触発され、プラスチック製である(PET:ポリエチレンテレフタレート)。

ミソカは、水をテーマにしたシナリオの主役と見なす刺激的なインスタレーションであるウォーターファウンテン内のミラノデザインウィーク2015で発表されます。 インスタレーションには、有名なデザイナーのセツと伊藤忍が参加しました。

日本の禅の庭に触発され、二人のデザイナーが設計しました 泉泉座っている石木ノ葉 によって実現 グラッシペエトレ、イベントのパートナー。

また、Setsu&Shinobu Itoは、Campagner ArtisticFoundryによる鋳造アルミニウム製のEda歯ブラシホルダーです。

高1426507740がmisoka写真

高1426507833がmisoka写真

高1426507879がmisoka写真

高1426507894がmisoka写真

高1426507938がmisoka写真

さらに詳しい情報について: http://www.misoka.jp/salone2015/salone2015.html

お勧めの関連ガジェット

返信