サローネ2014

チェア&詳細家具見本市でチュロスとナツメを提示

チュロス2
チェア&詳細家具見本市でチュロスとナツメを提示 それが変更されました: 2014-03-17 di ジェシカzannori

今年 椅子&詳細情報 al ミラノ2014でサローネ 2新しいコレクションを紹介します。

チュロス

岡本和子によって設計され、空間が膨張、リラクゼーションのためにとに島を定義するしなやかな形状と人間工学に基づいた、環状または直鎖状、の出会いを埋めるもので、遊び心の概念から生命を取る座席システムです「保留中。

チュロスのバージョンは、屋内環境に適し難燃性の生地でコーティングされた外部空間へのそれは特に最適です革新的なポリウレタン、およびバージョンでは、使用して作成、アウトが存在する。 構造は、新しいポリウレタンPolyPlusソフト、ソフトな風合いと滑らかで快適な柔らかさとチュロスを作っている。 ライン、コリアンと小さく、機能的なテーブルを完了します。

ナツメ

デザインスタジオがデザインし4P1Bは、ソファ、アームチェア、コーヒーテーブル、椅子、オットマンからなるコレクションです。 デザインは、現代の軽さと快適ゲストを受け入れる構造にソフトで快適なクッションを兼ね備えています。 クッションはファブリック内の布張りのある間施設は、様々な仕上げと色で塗装された金属である。

ナツメは、屋外all'indoorするように、適切なコレクションです(治療構造は風化に耐性があるだけでなく、クッション、屋外用のファブリックをコーティングすることができる)、両方の住宅スペースに最適な家具のソリューションを目指していますそして、これらの契約のために。

チュロス1

ナツメソファ

ナツメチェア

さらに詳しい情報について: www.chairsandmore.it

お勧めの関連ガジェット

返信