パナソニックPhotosyntesis、ミラノデザインウィーク2012

パナソニックphotosyntesis
パナソニックPhotosyntesis、ミラノデザインウィーク2012 それが変更されました: 2012-04-06 di ベネディクト花

ミラノの大学で建築家平田晃久Photosyntesisのインストールが生成、管理、および家庭で、持続可能な未来のためのエネルギーを節約するために、同社のソリューションが表示されます。

パナソニック株式会社 世代、蓄積、貯蓄と51と17 4月の間にミラノで期待22°サローネサローネ、中に開催される展示会でのエネルギー管理のための最新の統合ソリューションを紹介します。 

パナソニックは、2018年までにグリーンイノベーションの家電分野で世界初となることを目指し、「光合成」をコンセプトにしたインスタレーションを発表し、エネルギーの新時代の到来を迎えます。再生可能。 再生不可能な資源の漸進的な削減などの環境問題はますます話題になり、持続可能な社会を構築する必要性が一般的な問題になりつつあります。 パナソニックは長年にわたり、革新的な技術の研究開発と、環境への影響を軽減するための再生可能エネルギーの生成、蓄積、効率的な使用にリソースを投資してきました。互換性のあるパナソニックは、快適さと持続可能性を兼ね備えたライフスタイルをリードする可能性を提供します。

(LEDを使用することにより)エネルギー自体を節約する、世代、(電池付き)ストレージ:サローネの間に、太陽電池パネルの設置は、光合成の過程に触発されたエネルギーサイクルを再現します。 サイクルの各フェーズは、集中管理システムによって制御される。 仕事は平田晃久、その芸術的なビジョン、自然のサイクルに触発さと生きていると脈動アーキテクチャの形態を取るされている日本の若い建築家によって設計されました。

「光合成はミニチュアエコシステムです」平田氏は、 「そしてそれは、惑星の自然の秩序と完全に調和した人工的な未来を鼓舞することができ、建物や都市は生物圏の不可欠な部分になります」。

お勧めの関連ガジェット

返信