デザイン

TORINO DESIGN WEEK / 5 10 2012 11月から

トリノ週2012デザイン
TORINO DESIGN WEEK / 5 10 2012 11月から それが変更されました: 2012-11-04 di ベネディクト花

月曜日5 11月、トリノデザインウィーク第5版は、今年は、企業の仕事と開発のテーマに焦点を当て、一般に公開され、イベントのカレンダーと、明日キックオフ。

近年、デザインのテーマ、より一般的には「クリエイティブ産業」に対する領域の感度は確実に高まっています。 商工会議所がトリノ工科大学と共同で行った最近の調査によると、ピエモンテ州のデザイン部門では約850の企業とスタジオが運営されており、総売上高は約13億ユーロで、 6年前と比較してXNUMX%。

非常に関連性の高いデータ。これにより、デザインは、公的機関と民間機関の協力が実を結んでいる、私たちの領土の主要な経済部門のXNUMXつと見なすことができます。

トリノデザインウィークの毎年の任命はこの文脈に適合し、テーマについての反省の瞬間を作り出すことを目的としています。 優秀な学校に頼ることができる領土訓練システムに直面して、生じる問題は、デザイナーの職業の世界に入る多くの若者に希望と機会をどのように与えるかです。 多くの仮説と可能な解決策があり、それらは週の間に、特に10月XNUMX日の最終会議の間に調査されます。

PROGRAM TORINO DESIGN WEEK 2012

5月18日月曜日午後30時2分-ToolboxCoworking(A。da Montefeltro XNUMX、Turin経由) 

大会のオープニングナイトと授賞式「引き出しにプロジェクトはありますか?」 すべてのアソシエイト、友人、サポーターの間で会う瞬間。コンテストのプロジェクト「引き出しにプロジェクトはありますか?」が提示され、協会によって禁止され、コミュニティで生産および販売するXNUMXつ以上の商品を見つけることができます。自己資金調達の目的。  

6月18日火曜日午後00時-l'Eglise(Lagrange 13、Turin経由)

展示会「12デザイナーわびさび」デザインとアートの境にある職人技の本質について、興味深く刺激的な研究プロジェクト。 Antologia Project、Alessandra Roveda、AntonioAricò、Carlo Contin、Cristina Celestino、Giorgia Zanellato、Giorgio Biscaro、Matteo Casalegno、Enzo Mastrangelo、Paolo Polloniato、SegnoItalianoによるColomboSanguinati、Paolo Casalisは、情報に基づいたデザインハンドクラフトオブジェクトを提供するデザイナーです。シンプルさと新鮮さ(わび)、美しさと静けさ(さび)の組み合わせ。 夕方には、12人のデザイナーが展示スペースに立ち会い、出席者と対話し、展示されているオブジェクトを説明します。  

7月18日水曜日午後30時17分-トリノ工業連合(ファンティXNUMX経由、トリノ)

「PTIコンテストTORINO LAB」、授賞式とプレゼンテーションプロジェクト 

トリノラボは、トリノを拠点とする企業であり、避難環境としてのキッチンをテーマに、トリノ工業団地とのこれまでにないコラボレーションで開発されたオリジナルコンペティションの初版を推進する自作デザインの推進・流通に積極的に取り組んでいます。 大会の結果は、産業連合のトリノホールで発表され、受賞者が授与されます。 コンテストの審査員は夕方に出席します。リカルド・ロシ、トリノ産業連合の副所長、マルコ・ミシオシア、ADIピエモンテとヴァッレ・ダオスタの代表団の会長、エンリコ・バッシ、ファラボ・トリノ協会の会長、アルベルト・クララ、トリノ・デザイン・ウィーク協会の財務担当者、マウリツィオ・バッツァーノ、トリノ・ラボのマネージング・ディレクター、パオラ・カリマティ、エル・デコのジャーナリスト、そしてコンペティションの各パートナー企業(フォーネス・カレナ、スマルト、リオテックス)の代表。

木曜日11月8、時間17:00 - ツールボックスのコワーキング(A.ダ·モンテフェルト2、トリノ経由) 

ヘンリー·ホランド(社長協会FabLabトリノ)のレッスンの普及

「Arduino」設計プラットフォームによって利用可能になった革新的なテクノロジーを設計者がどのように使用できるかについての有益で有益なレッスン。 「オタク」だけでなく、シンプルなテクノロジーを使用してプロジェクトにインタラクティブ性を挿入することに関心があるが、実質的に無限の可能性を秘めているすべてのデザイナーを対象とした教育会議。

9月16日金曜日午後00時-CavallerizzaReale(Via Verdi、9 Turin) 

OPERAE、開口部市場のセルフプロデュースデザイン

Operaeはトリノの三度目の起こるセルフプロデュースデザイン、専用のトレードショーである。 アポイントメント参加するデザインスタジオ、デザイナー、職人、メーカー、デザイナーやデジタル版2012またグラフィックデザイナー:高度な技術、伝統​​とデザインが新しい合成である、デザインのこの次元の活気を理解し、鑑賞する異種の人格を通して。 Operaeあなたが公開し、小さなシリーズと限定版で作られた作品を購入することができ、創造性の結果と(通信、流通に、実現へのアイデアの定義から)全体の生産チェーンを管理するデザインの専門家の仕事。 

10月9日土曜日00:13-00:8-トリノインコントラ(ニノコスタXNUMX経由、トリノ)

会議、「TORINO DESIGN TOMORROW」

この会議は、企業と若い世代が緊急を要すると感じるテーマで、機関の対話者、トレーニングの世界、企業間の対話を刺激するために推進されています。テーマは、企業と設計者が相互に対話して価値を生み出すことの難しさです。 会議では、他の地域のシナリオと経験、トレーニングとビジネスの世界の関係、現在の経済状況の困難と機会、開発と競争力のエンジンとなる設計の能力が分析されます。 。

XNUMX人のゲスト/スピーカーFlavianoCelaschi教授(Politecnico di Milano)、Giorgio Casoni教授(エコノミスト、パートナーSpinnnvest、Rovereto)、Joan Vinyets(革新的な企業のための戦略的コンサルティング会社であるバルセロナのA-piece-of-Pie)が提案します領土のこれらの質問に答える彼らの「ビジョン」。 

続いて、円卓会議で、問題に対してより敏感であると宣言する地方公的機関の人格、教育の世界の利害関係者および管理者は、可能な行動および可能な介入について自分自身に質問します。 聴衆と話者の間の参加と相互作用は、すべてのスピーチの間、モニター上のライブTwitterリンクによって保証され、最終的に会議の議事録に統合されるように記録することができます。

会議に参加するには、サイト上で登録する必要があります http://www.torinodesignweek.org

お勧めの関連ガジェット

返信