デザイン

ミラノ工科大学でMEGAMAN®/「文化遺産と新技術のためのLED照明デザイン」。

image002
ミラノ工科大学でMEGAMAN®/「文化遺産と新技術のためのLED照明デザイン」。 それが変更されました: 2011-12-23 di ベネディクト花

「文化遺産の照明デザイン-LEDと新技術」ワークショップは11年2012月XNUMX日に開始され、ボビサキャンパスの有名な光研究所のミラノ工科大学で予定されています。

コー​​スは集中的な40の時間が含まれており、文化遺産のための照明の設計に特化したい専門家の技術的な卒業生や非卒業生を目指している。

ワークショップはどこに配置しても、さまざまなを考慮し文明開化のテーマを深め、発展を目的に、エネルギー効率の高いランプの生産において世界で最も重要なの中で、MEGAMAN®の寄与を見ている、今日照明デザイナーのための最も挑戦的で複雑な地域の一つの照明を通して芸術作品に良いと特別な注意の保護と保全のための実用的な一連の実験の助けを借りて、展示デザインで作られています。

12月10日木曜日(LMビル-デュランドXNUMX経由)に、MEGAMAN®ブランドのイタリアの独占販売代理店であるLaFilometallicaのコマーシャルディレクターであるLucianoGervasuttiの介入が予定されています。 主なトピックは、光源、特にカラーレンダリング、最小の熱放出、および重要なコスト削減の観点からのLEDの効率です。

詳細については、訪問 www.luce.polimi.it

お勧めの関連ガジェット

返信