デザイン

Casaidea 2012のローマトラバーチン

abajour10
Casaidea 2012のローマトラバーチン それが変更されました: 2012-02-14 di AnnaritaマメリヴィオレッタCanitano


ローマ商工会議所が推進し、ローマ建築家協会と州の支援を受け、「ローマトラバーティン強化センター」の協力を得て Casaidea 2012、XNUMX人のデザイナーアーキテクトが展示会のプロジェクトを提案します 「ローマのトラバーチンで使用するオブジェクト」.

 この分野の企業が製造したランプ、花瓶、小さなテーブル、椅子、ハンガー。このイニシアチブでは、「ローマのトラバーチンなどの古代の石が、現代の家の形でも有益に使用できる」ことを示し、質的な成長を促進したいと考えています。多数の中小企業で構成された、ラツィオのこの特定の生産部門の提案されたプロジェクトの中で: アグリッピナ ヴィオレッタCanitano(www.violettacanitano.it)

アグリッピーナは祖母のアバトジュールであり、卓越したテーブルランプのステレオタイプであり、この機会に、看板に様式化され、ローマのトラバーチンなどの高貴な素材で作られた穴あきのバックライト付きトップに変身します。 パネルの裏側には、バーと金属製のクリップが配置されており、ランプホルダーと関連するバルブを支えることができます。また、システムにより、後者の分解と交換も簡単にできます。 ローマのトラバーチンを使用することで、このオブジェクトにスタイリッシュな厚みと形を強調する物質を与えると同時に、花の加工が古典的な素材の自然な縞と色合いを強調し、それを現代化します。 アグリッピーナは、クラシックなスタイルだけでなく、オリジナルで繊細に洗練された形でモダンなスタイルと調和しています。

2012 10月からローマの新フェアでCasaidea 18でshow

http://www.casaidea.com/casaidea-2012/la-sezione-eventi/oggetti-duso-in-travertino-romano/

agrippina2

お勧めの関連ガジェット

返信