デザイン

ミラノデザインウィーク2011で致命的なエラー/ Deadidea

フロント
ミラノデザインウィーク2011で致命的なエラー/ Deadidea それが変更されました: 2011-04-09 di ベネディクト花

ミラノ-2011年デザインウィーク、2007年以来のストリートデザインプロジェクトであるDeadideaは、常にブランドを際立たせてきた「死と不滅」の概念に関する新しい行動と新しい視点で舞台に戻りました。 今年は、コンセプトの作成者であるAngeloCrucianiとRobiChendlerが致命的なエラーを分析します。
プロジェクトは、12年2011月XNUMX日からプロジェクトの公式ウェブサイトでオンラインになります。 http:// www.deadidea.net

コンセプト:
地震、津波、核爆発、疫病、戦争、危機、あらゆる規模の利己主義、隠された生存、合法的な略奪など、あらゆる種類の大惨事の間で揺れ動く社会的歴史的文脈において。 破壊は、私たちの無意識のテーブルでマスメディアによってよく提供される毎日の食事になりました。 このシステムは私たちを消滅させる可能性があります。

ウイルスのキャンペーン/アウト·ドア:
日常のイベントとしての「大虐殺」、娯楽としての死の壮観。フィルターや善良さのないインスタレーションは、私たちの周りの世界に対する私たちの中毒的な冷笑的な注意の恐ろしい鏡になります。

勤務地:
ベンチュラデザイン地区

セクター:
デッドデザイン/ Webデザイン/デザインの方向

Ядолженэтоостановить、покавсемыневзлетелинавоздух。

Яхочу、чтобывыобеспечилиполнуюнедоступностьнашихбанковданныхдляпосторонних、 "逃走迷路のрусификатор"сказалСмит。

Мызавертелисьволчками、когдасилатяжестибыстроушла。

お勧めの関連ガジェット

返信