デザイン

ポンピドゥーセンターで展示されている2つの生きている彫刻は、空間情報の将来の形態を体現しています

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio
ポンピドゥーセンターで展示されている2つの生きている彫刻は、空間情報の将来の形態を体現しています それが変更されました: 06-6947-1128 di ベネディクト花

Claudia PasqueroとMarco Poletto、の創設者 ecoLogicStudio とその研究パートナー:The Bartlett UCLのUrban Morphogenesis Lab、インスブルック大学のSynthetic Landscape Lab、およびSouthern Denmark大学のCREATE Group / WASP Hubデンマークが展示会 "La Fabrique du vivant"に参加します"パリのポンピドゥーセンターで[[生活の織物](20 2月 - 15 4月2019)。

この作品は、Olivier ZeitounとMarie-Ange BrayerによってキュレーションされたMutations-Créationsシリーズの一部で、生命と人工生命の考古学をたどっています。

編集者が述べているように、デジタル時代には、創造とライフサイエンス、神経科学および合成生物学の分野との間に新しい相互作用が生まれています。 「生きる」という概念は、アーバンスフィア全体に広がる新しい形態の人工的なものを仮定しています。 ここでは、人によって作成された都市ネットワークの小型化、分布、およびインテリジェンスが人間の複雑さに到達し、地球上での合成生命の進化的プロセスを生み出しています。

これに関連して、建築家Claudia PasqueroとMarco Polettoが率いる学際的なチームが、人間と人間以外の生活を受け入れる3Dで印刷された2つの生きた彫刻「人間の庭」を作りました。 これらの作品は、人工知能への近接の効果と人間の合理性の指示を扱います。 どちらの彫刻も、特に光合成シアノバクテリアのコロニーであるHORTUS XL Astaxanthin.g、そしてアジアの子獣Tarantulasの集団XenoDermaとの「コラボレーション」で開発されました。 彼らの人間以外の作品は、内部共生の生物学的モデルの研究中に芸術家によって開発された空間的下部構造によって仲介されています。 これらの構造は、大規模で高解像度の3D印刷技術を使用して設計され、アルゴリズム的に製造されています。

どちらの彫刻作品も、1スケールの投機的な試作品、つまり1の生きた建築、新世代の豊かな生物親和性建築用外装、そして都会生活に受け入れられるプロトタイプとなる予定です。

HORTUS XLアスタキサンチン

(ecoLogicStudioとインスブルック大学 - Synthetic Landscape Lab、CREATEグループ/ WASP Hubデンマーク - Southern Denmark大学)

HORTUS XL Astaxanthin.gでは、デジタルアルゴリズムがサンゴの形態に影響を受けた基質の成長をシミュレートしています。 これは3D 400ミクロンサイズの印刷機によって物理的に配置され、46 mmの三角形単位でサポートされ、18,5 cmの六角形ブロックに分割されます。 光合成藍藻類は、バイオゲルを介して個々の三角セル、またはバイオピクセルに接種され、システムの生物学的知能単位を形成する。 光合成を動力とするそれらの代謝は、放射線を酸素とバイオマスに変換します。 各バイオピクセルの濃度値は、より大きな入射放射線の等表面に沿って光合成生物を最適に配置するためにデジタル的に計算される。 地球上で最も古い生物の中で、シアノバクテリアの独占的な生物学的知性は、新しい形態のバイオデジタルアーキテクチャの一部として集められています。

2019の春には、HORTUS XL Astaxanthin.gがウィーンのMAK - 応用美術館に展示されます。

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

La Fabrique du Vivant、ecoLogicStudio

XenoDerma

(The Bartlett UCLのClaudia Pasquero監督による都市形態形成研究室)

XenoDermaでは、クモの巣の形態形成は、3Dでアルゴリズム的に設計され印刷された人工の空間的足場で傍受されます。 蜘蛛の巣、この場合アジアの子鹿のタランチュラは、彼らの蜘蛛の巣が空間的思考の一形態を構成しているので、完全に彼らの体に居住するわけではありません。 彼らのネットワークからの情報は彼らの認知システムの不可欠な部分になります。 クモの行動と絹の生産は3Dで印刷された下部構造とその幾何学的特性の設計を通してXenoDermaで再プログラムされます。 結果は意識的に生産的なあいまいさを探し、その絹のような形態の異星人の美しさ、生物学的、技術的、そしてデジタルの領域の交差点のどこかに存在する知性を明らかにします。

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

ラ・ファブリク・デュ・ヴィヴァン、ゼノデルマ

CREDITS

HORTUS XL Astaxanthin.g、2019、3d印刷済み基材、バイオゲル培地中の微細藻類、320×272×114 cm

デザイン: ecoLogicStudio(Claudia Pasquero、Marco Poletto、Konstantinos Alexopoulos、Matteo Baldissarra、Michael Brewster)

3Dの生物学的および印刷システムと生産開発のための研究パートナー: Synthetic Landscape Lab、IOUD、インスブルック大学(Prof. Claudia Pasquero、Maria Kuptsova、Terezia Greskova、Emiliano Rando、Jens Burkart、Niko Jabadari、Simon Posch); 光合成コンソーシアム(www.photosynthetica.co.uk)

3dプリントシステムと生産開発の研究パートナー: CREATEグループ/ WASPハブデンマーク - 南デンマーク大学(SDU)(Roberto Naboni教授、Furio Magaraggia)

エンジニアリング: YIP構造エンジニアリング、Manja Van De Worp

微細藻類の中程度の材料サポート: エコドゥナAG

3D印刷材料サポート: Extrudr

XenoDerma、2018、3Dプリント基層により通知されたクモの絹の形態(Asian Fawn Tarantulas)、118×34×93 cm

設計、製造および研究 都市形態形成ラボ(ラボディレクター:Claudia Pasquero Cluster研究員:Filippo Nassetti、Emmanouil Zaroukasデザインチーム:Mengxuan Lii、Xiao Liang)B-Pro、バートレット建築大学院、UCL

www.urbanmorphogenesislab.com

ヒューマンガーデン・ビデオ、2019 by ecoLogicStudio

コンセプト: クラウディア・パスケロ、マルコ・ポレット

制作と編集 Konstantinos Alexopoulos、マイケルブリュースター

La Fabrique du Vivant [生活の織物] 20 2月 - 15 4月2019ギャラリー4 - ポンピドゥーセンター、パリ

www.centrepompidou.fr

お勧めの関連ガジェット

返信