デザイン

フロスのためのマリオ・ベリーニによる修道女の形をしたランプ、キアラ、2020年再発行

マリオ・ベリーニによるフロスのキアラランプ、2020年再発行
フロスのためのマリオ・ベリーニによる修道女の形をしたランプ、キアラ、2020年再発行 それが変更されました: 2021-07-25 di ベネディクト花

Chiara è una lampada iconica disegnata per Flos nella sua prima versione nel 1969 da Mario Bellini, consiste in un unico foglio di acciaio sagomato e arrotolato, alla base del quale è posta la sorgente luminosa, nascosta dalla struttura della lampada stessa. L’idea della lampada Chiara nasce dall’esigenza di 光源を見ずに光を得るしたがって、電球の位置の詳細がプロジェクトの鍵となります。 それが発する光は、修道女のウィンプルとベールに似た大きな「帽子」によって反射され、拡散します。

「夕方になったら明かりを灯さねばなりません。 電球が見えるランプは目が煩わしいので好きではありません。 だから私はランプを好きなようにデザインしてきました。 暗くなったときにどうすればいいのか、そしてその光の形を考える。 そこで私は、彼女の白い帽子から光が出る修道女の形をしたランプをデザインしました」.

マリオ ベリーニ、子供たちに説明するデザイン、ボンピアーニ、2018

Le origine del progetto della lampada Chiara

キアラは 単純に巻き上げられた柔らかい構造. Bellini は 1968 年にいくつかのペーパー モデルでプロジェクトを開始しました。 その光の特性は動的です。それは、ベースから発生し、上部のスクリーンに当たり、それが反射し、拡散するときに環境に開きます。 ただし、このランプをオフにしても、 強くカリスマ的なアイデンティティ、そのイメージ自体がプロジェクト、インスタンス、ステージングです。 

「すべてはこうだった。同じように、あちこちでいくつかの涙が、私の手に巻かれたシートは、その立体性によって、私が求めていたイメージを具現化した。 図面は後で来ました」。 

エンリコ・モルテオのマリオ・ベリーニ(編集)、マリオ・ベリーニ。 家具、機械、オブジェ、ファイドン、2015

Dettagli tecnologici e nuova versione da tavolo per la riedizione 2020

2020年再版 di Chiara には、光源 (LED ソースで更新されたもの) など、技術的に進歩した新しい詳細があり、ゴムのプロファイリングがあり、XNUMX つのモデルが含まれています。 クラシックフロアバージョン、ステンレス鋼、e 新しい小型の卓上モデル、アルミニウム製で、アルミニウム、ダークグレー、ローズゴールドのさまざまな仕上げがあります。

Materiali: 

フロアモデル:ポリッシュステンレススチール、ラバー
テーブル型式:アルミ、ラバー

仕上げ: 

床モデル: 磨かれたステンレス鋼、黒い縁取り
テーブルモデル:アルミニウム/アンスラサイト、ダークグレー/オリーブグリーン、ローズゴールド/オキサイドレッド

光源: 

フロアモデル: LED 15W - 2000lm - 2700K - CRI≧80、統合調光器付き
テーブルモデル: LED 10W - 800lm - 2700K - CRI≧80、統合調光器付き LED 8W - 700lm - 2700-3000K - CRI≧80

Dove Acquistare la lampada Chiara di Mario Bellini per Flos riedizione 2020

購入に興味のある方 della lampada Chiara di Mario Bellini per Flos o volete conoscerne il 価格 あなたはそれを見つけることができます su Amazon nella nuova versione da tavolo a questo リンク nel colore alluminio/antracite e ここで nel colore oro rosa/oxide red.

購入を完了すると、SDMはアフィリエイトコミッションを獲得する可能性があります。

お勧めの関連ガジェット

返信