デザインニュース

2015年エキスポでのTaginaCeramiched'Arte

Taginaセラミックス博覧会2015 23ソーシャルデザイン雑誌
2015年エキスポでのTaginaCeramiched'Arte それが変更されました: 2015-06-26 di ベネディクト花

Tagina Ceramiche d'Arte、1973年以来、Made inItalyの典型的なケアと仕立てを目撃してきたウンブリアの会社:

Expo 2015の重要な出展者がパビリオンの信頼できるパートナーとしてそれを選択するように促したのは、革新の探求、独自のソリューションの作成、最も要求の厳しい要求を情熱的に解釈する習慣です。

タギナの介入は、ココアとチョコレートクラスター、特にペルギナ、リント、イカムのスタンドで明らかであり、同社はブランドの人気のあるイメージを問題に変換しました。 ペルギナバシオの典型的な愛の巻物が再現された大きな正方形のタイル、それが包まれている紙の青い星、またはグリフィンのエフィジー、または再び、すべての言語で「チョコレート」という言葉が刻印されたタイル世界は、あらゆるプロジェクトに最適なセラミックドレスを開発および製造できる「アトリエ」であるタギナ研究所によって実施された研究と実験の正確なデモンストレーションです。

「数か月間、私たちのAtelier Taginaチームは、床、家具の壁、カスタマイズされたカバーの研究に完全に専念してきました。この場合、カスタマイズという用語は、多くの
本当に驚くべきプロトタイプ「タギナ・セラミカ・ダルテのデザイナー、ロリス・カルドーニは次のようにコメントしています。」革新に気を配る社内研究所は、実際、組み合わせた調整されたプロセスを通じて、専門家のニーズを満たすカスタマイズされた製品を提供できます。職人技と産業、そしてセラミックを物語に変えるための最良の解決策を評価します。

物語は、「中国の種」のコンセプトで、生命の起源から栄養のテーマに至るまでのさまざまなテーマに取り組むパビリオンであるチャイナコーポレートユナイテッドパビリオンの内部でも続きます。 さまざまな部屋を歩く訪問者は、種の形をした島が完全に覆われているパビリオンのテラスまで、クライアントの制度的な色で作られた特別な「ドット・トゥ・ドット」セラミック工芸品で飾られた壁を眺めることができます。タギナ素材; また、タギナによって、最後に、パビリオンのVIPエリアのバスルームのカバーがあります。これには、4.590mXNUMXに広がる展示が含まれています。

Taginaセラミックス博覧会2015 07ソーシャルデザイン雑誌

Taginaセラミックス博覧会2015 08ソーシャルデザイン雑誌

Taginaセラミックス博覧会2015 09ソーシャルデザイン雑誌

Taginaセラミックス博覧会2015 10ソーシャルデザイン雑誌

Taginaセラミックス博覧会2015 11ソーシャルデザイン雑誌

Taginaセラミックス博覧会2015 12ソーシャルデザイン雑誌

Taginaセラミックス博覧会2015 13ソーシャルデザイン雑誌

Taginaセラミックス博覧会2015 14ソーシャルデザイン雑誌

さらに詳しい情報について: www.tagina.it

お勧めの関連ガジェット

返信