デザインニュース

Salone del Mobile Milano 2019:革はFrancesco Pasiによるホームデザインに戻ってきました

Salone del Mobile Milano 2019:革はFrancesco Pasiによるホームデザインに戻ってきました それが変更されました: 2019-02-19 di terzomillennium

ヴェローナ、2月2019 - やわらかい感触と材料への強い復帰を伴うより本質的なスタイル:Francesco Pasiはもう一度、彼自身のデザイン革新を展示します。 ミラノ家具見本市.

実際、ヴェローナを拠点とする会社は、カタログにEllipse Collectionをカスタマイズする可能性を広げる新しい革またはヌバック仕上げを導入しました。 今年からあなたは色の革の幅広い選択で、すべての製品の足、足と肩をカバーすることができます。 決して時代遅れにならない素材:革は常に贅沢と優雅さの代名詞であり、そして高品質の室内装飾と仕立ての素晴らしい仕事を提供します。 Ellipse Collectionに新しい魂を与えるボリュームとソフトなプロファイル。

もう一つの目新しさは、コレクションの楕円形のモチーフを思い出させる手縫いの縫い目で強化された革で完全に覆われている円卓の椅子とベースの新しいモデルの導入です。 このleitmotifをクローゼットの引き出しの正面、ソファとアームチェアのクッションと背もたれに報告することも可能です。

家具の外観が変わり、家具の提案がより現代的になり、利用可能な素材の要素(木材、大理石、金属、ガラス、革)が拡張され、自宅のスペースをユニークにすることができます。

Francesco Pasiによるすべてのノベルティは、4月の9から14までPad.2019、スタンドL1でステージ上にあります。

www.francescopasi.it

お勧めの関連ガジェット

返信