デザインニュース

MoaCasa 2016にラツィオクリエイティブ

MoaCasa 2016にラツィオクリエイティブ それが変更されました: 2016-10-24 di francescapress

職人の技と創造の主役で MoaCasa 2016 22 10月から11月までローマの新フェアに1。 の出展者の存在に加えて、 CNAローマの商工会議所 そして、Dell 'Unioncamereラツィオ家具やデザインの展覧会の42a紹介は参加によって濃縮されます 創造ラツィオ、 MoaCasaに存在初めて、創造性をサポートするためにラツィオ州のプログラム、空間にするために予約 ホール3.

その企業の創造性:訪問者はラツィオ、identirtario管の重要な遺産であることを地域で選択された19職人現実で表さterriotrioの最高の職人技を、発見するでしょう。

私たちの領土の発展にますます中央なってきた偉大なリソース:イングランドでは、世界中で高く評価され認識創造的な心を持っています。 私たちは、ラツィオの成長のための戦略的な軸の一つとして、創造力の広大なフィールドに依存しており、事業の競争力を高めるために。

ラツィオクリエイティブプログラムで、私たちは新たな新興企業や起業家の成功事例の創出に資金を提供している:私たちは私たちが作成するために助けた良いアイデアを促進する目的で、モアカサのようないくつかの重要な機会をもたらすことにしましたが、またへ可能な公共の俳優のプッシュは、具体的な成果と革新的なソリューションを生成するために才能に賭けする方法を示します。

燃料に続けます素晴らしいリソース" - ニコラZingaretti、ラツィオ州の社長。

モアカーサは、我々は、発見支援、促進し、ラツィオクリエイティブプログラムされている若いクリエイティブな人々のための特別なショーケースです。

何か(椅子、テーブル、小説、ベッド、歌、ソファなど)を発明するだけで得られる特別な喜びを、自信を持って、喜びを持って示す機会です。 ラツィオ地方のクリエイティブコーナーでは、意見や道、夢に出会い、交流しますが、それだけではありません。 この家具見本市は市場でもあるので、売ることもできます。 したがって、もう一度、文化(芸術、美容、職人技)と生産開発(貿易、利益、ビジネス)が単一のパーティーで祝われます。 創造性はあなたを幸せにします。 それはプロのアウトレットであると同時に、アイデンティティの必要性の実現です:自分を表現すること、痕跡を残すこと、スタイルを立ち上げること。 新しいソリューションを想像してみてください。 作成する" - リディア・ラヴェラ、 文化・青少年ポリシー・リージョンラツィオのための評議員

ローマとラツィオに編成されているこれらの問題に関する多くの取り組みの中で、MoaCasaだけでなく、最も熱心に公衆によってや専門家によって待望の一つであり、それはあなたが伝統、技術、創造性と革新性を満たすすべての場所の上にあります。

ラツィオ地域は、右の創造性を支える才能と再び競争力のあることに得るために地域的な生産システムを有効にするには、伝統と革新、メインチャンネルのいくつかを組み合わせる能力を特定しました。 これらの理由から、我々はMoaCasaに存在するように選択しました。 、直接的または間接的に、資金調達や地域のアクションを恩恵を受けている人々の間で最高の経験のいくつかを提示することにより積極的な参加と。

ラツィオの創造、私たちはこの展覧会に実際に存在する19 2016をサポートする介して、プログラムは、そのようなスタートアップ、国際、4.0業界向けのものなど様々な対策、で構成され、より大きな地域イノベーションプログラムの一部であります。 より多くの先進国で起きている変化をフックするためにラツィオの企業を可能にするために設計されたすべての介入は、ここからでも競争力と地域の経済成長を後押しするために賭けを渡すことを確信します" - グイドファビアーニ、ラツィオ地方の経済開発や生産活動のための副市長。

ラツィオの領域は、文化的、創造的産業の分野における重要な事業領域を持ちます。 シネマ、視聴覚メディア、舞台芸術、出版、ファッション、デザイン、文化遺産に適用される技術は、経済や雇用面で、開発のための大きな可能性を持つ重要な領域です。 タレント、新興企業、場所、イベントや資金調達の機会:単独の文化的、創造的産業は、単一のネットワークにラップするために生まれた平均nazionale.Ilプログラムラツィオクリエイティブの8の%に対して、地域のGDPの6の%を表します。

22 2016 10月、MoaCasaに複数のイベント情報について!

ポーラ・デザイン・スタジオの写真

不等辺-写真

お勧めの関連ガジェット

返信