デザインニュース

Fuorisalone 2016 CromARTicaは、新しいオブジェクトを提示します

CromARTica
CromARTica
Fuorisalone 2016 CromARTicaは、新しいオブジェクトを提示します それが変更されました: 2016-04-12 di エレナヴェルデーリオ

ミラノ、4月2016:Fuorisalone 2016の機会に CromARTica それは場所に新しいエコデザインオブジェクトを紹介します コルシコ3ヴィア.

コンセプトストアを介して巻き取るパス Brandstorming ホーム機関の本社ビルの通信手すり ボーダーライン、エコデザインを発見し、新しいオブジェクトを補完するために、 CromARTica:目玉HUG。 ブックエンドONDAと大波。 テーブルランプとサスペンションNEWルミ、アース・アンド・ファイアー、ピーナッツ。 ポプラ合板で一連のオブジェクトは、弾力性と蒸気と熱で手で働いていた木の柔軟性を利用することによって実現しました。 柔らかく、しなやかな形状によって特徴づけられるミニシリーズ、滑らかな表面は、自然な色調は、色の点滅により点灯し、LEDライトによって照明:シンプルで機能的なオブジェクト、普段使いや環境を見据えて設計されています。

このニュースと並んで、今彼の想像力に居住し、エコデザインのコレクションから多くの家具は、新しい住宅やスペースを提供することができます。 強烈な個性とホームアクセサリー、テーブル、椅子、アームチェアに至るまで。 引き出し、食器棚やコンソールのチェスト。 鏡、シャンデリア、portaabiti。 あなたは2の補数を見つけることができます CromARTica また、別の場所にある:Fuorisaloneで実際には、大きな椅子 C'assettat そして、ふかふかの椅子 私は日strac 彼らは、ウィンドウに表示され マルティーノMidali.

各実施例の考え方は、溶剤を制限し、その代わりに材料および環境に優しい塗料の使用を好む、可能な限り再利用して、その性質に最大にオブジェクトを保存することです。 2011に導いた火花 エリオMisuriello 、彼の芸術と絵の情熱にデザイナーとしての仕事を組み合わせるため、廃棄物になることを運命づけられていたものを再発見するのではなく、彼のために挑戦し、新たな機会となります。

ミラノでは、エリオの研究室では、新しいストーリーを伝えるために、その構造、色とスタイルの変化を通じて、管理します。 CromARTica それは3つの主要な段階を経て第二の人生の可能性のオブジェクトをキャプチャ:新しい家具のための1つの興味深い偏差の識別; 固有名詞のテーマとデザインの識別、一片のIDカードの一種。 復旧、復興と絵画の介入を通じて変換。

CromARTica

CromARTica

*エリオMisurielloは1971にポテンツァで生まれ、1993以来、ミラノに住んでいました。 IEDで卒業証書とカナダの研究の期間の後、彼は日本に行く、海外で働く冒険体験を付加する、さまざまな建築家やデザインスタジオと協力しています。 年月を経て、彼はその起源の地中海の色度とデザインの首都の入力を組み合わせて学習しています。 人間と専門技術会議と組み合わせるこれは、彼のビジョンを煽っているとの家具だけでなく表現されて完全にユニークな創造性を作成しました CromARTicaでも色やアイデアを再現絵のシリーズインチ

火曜日12 / 17木曜日4月h.12.00 / 22.00

コルシコ3を経由して、ミラノ(M2ポルタジェノバ)

www.cromartica.com

お勧めの関連ガジェット

返信