デザインニュース

「カサ・カスティリオーニ "月27 2013までパレルモに、デザインの歴史を作ったプロジェクト

招待Aカーサカスティリオーニパレルモ
「カサ・カスティリオーニ "月27 2013までパレルモに、デザインの歴史を作ったプロジェクト それが変更されました: 2013-10-21 di ベネディクト花

展覧会は、簡単なセットアップ、ダイナミック、インタラクティブ、イタリアンデザインの歴史を作ってきたプロジェクトのいくつかを、伝えることを目指しています。 日常生活のために設計された表示オブジェクトでは、使用の彼らの本当の文脈の中に入れました。 実際の生活の宿泊ように設定空間は、各オブジェクトは、その特定の機能のために設計された明確な場所を、持っているので長く、住んでいたことが想定されます。

あなたは、単純な大さじマヨネーズ "なめらか"、時代を超越した「アルコ」ランプ、収益テーブル「メイト」とデための「ミニメイト」としてフロス用に設計された照明器具としてアレッシィのために設計された家庭用のオブジェクトを鑑賞することができます歴史家ラジオグラムRR226によって再生される音楽の曲にパドヴァ。 スイッチVLMカスティリオーニが特に誇りに思っていたそのうちの:逃してはいけないオブジェクトは、すべての家庭に入りました。

「ドライバー」アレッシィとのコラボレーションで生産「ワークエプロン」とオブジェクトテーブルとして、限定版には、財団アキッレ・カスティリオーニをいくつかのセルフプロデュースのプロジェクトを紹介します。
展覧会のオープニングは、よく知られているデザイナーの娘が出席した会議が先行して、 ジョヴァンナカスティリオーニ、および マルコMarzini 誰が設計し、生活の方法を共有し続けるために、スタジオ、博物館で働いています。

オイコスのI-設計とコラボレーションを整理することで、あなたはとても建築家に愛される「主な設計コンポーネント」を解釈するために呼び出されますパレルモからのアーティストを含む「ライブ喘ぐ」のパフォーマンスに従うことができます。 関連するアーティストの作品の売却による収入は、シチリアが証明するので、もう一度、財団アキッレ・カスティリオーニに行く文化の保全に非常に近く、これをサポートするでしょう。

「カサ・カスティリオーニは「アキッレカスティリオーニ財団キュレーションによる展覧会であり、カステッロ広場27でFondazioneアキッレ・カスティリオーニの空間で、ミラノで2013 27 10月と11月まで、パレルモに開放されます。

お勧めの関連ガジェット

返信