デザインニュース

創造都市フィレンツェデザインウィーク27 31月2015の第6版のテーマです

フィレンツェデザインウィーク2013-04
創造都市フィレンツェデザインウィーク27 31月2015の第6版のテーマです それが変更されました: 2015-02-20 di ベネディクト花

創造都市の第6版のために選択されたテーマです フィレンツェDESIGN WEEK -27年31月2015日からXNUMX日に予定されている国際デザインフェスティバル。

TEMPORARY文化センター©

持続可能性、スマートシティ、エコラグジュアリー、ツーリズムデザインは、このイニシアチブのために世界の都市を美とイタリアのライフスタイルの女王であるフィレンツェに招待するフェスティバルのキーワードです。
フローレンスデザインウィークは、創造性とビジネス、革新と伝統、そしてデザインとすべての人の生活を組み合わせた都市間の好意的な対話の中で、スマートエディションを作成することを目的として、フォーマットを更新し、新しい国際軸を作成します。

第XNUMX版では、このイベントを人間のスケールで都市の文化に捧げ、最も創造的な観光地を発見する旅を伴う国際的な都市休憩を提案します。 私たちはこの都市を文化、建築、景観、インフラストラクチャと考えています。 だけでなく、サービス、地元の作品、コミュニティ、想像力の場所、才能の発祥地、儀式や伝統、そして人間の価値観の場としても。 創造性がインスピレーションを引き出すところでは、デザインは居住者、観光客、専門家のサービスでそれを現実に変えます。

このイベントは、2014年2014月末に深セン(中国)で開催された国際シナリオで、IDSA(Industrial Design Society of America)およびICSID(International Council)とともに、International DesignFestival内のCITYOF DESIGNUNESCOで発表されました。 XNUMX年XNUMX月にFLORENCEDESIGN WEEKにより、新しいSINO-EUROPEANセンターが開設されました。

EDITIONS FRONTおよびパートナー

最近の版では、フェスティバルは共和国大統領の高い後援と、文化遺産活動省の高い後援とトスカーナ地方の後援である青年省のXNUMXつのメダルの承認を獲得しました。 、フィレンツェ県、フィレンツェ市、カレンツァーノ市。

2014年には、ジェネレーションアウェイクキャンペーンに関連して欧州委員会が推進するコンテスト「Becomea Awakener」が大成功を収め、若いクリエイティブの間で素材のアップサイクリングと再利用の原則を広めることを目的としています。 私たちが言及する主な国際協力の中には、SIDA深セン工業デザイン専門家協会、ミュンヘンクリエイティブビジネスウィーク、ロンドンデザインフェスティバル、モスクワデザインウィーク、サンクトペテルブルクデザインウィーク、ロシアパビリオン、デザインドオート、アートツアーインターナショナルマガジンがあります。

詳しくは ここで

お勧めの関連ガジェット

返信