デザインコンテスト

3Dに印刷された社会的に有用なオブジェクトを報いるためにMakeTankとThingarageによって促進される新しいコンテストを3DPRINTforAID

3dprintforaidソーシャルデザインマガジン-01
3Dに印刷された社会的に有用なオブジェクトを報いるためにMakeTankとThingarageによって促進される新しいコンテストを3DPRINTforAID それが変更されました: 2014-07-24 di ベネディクト花

3Dで印刷されたオブジェクトは、人の人生や社会のことを変更できますか? 3D印刷の革命は世界をより良い場所にすることができますか?

「私たちは確信している、「ローラ·デ·ベネデット、MakeTankの共同創設者は(言いましたwww.maketank.it)、イタリアのメーカー "と我々は3DPRINTforAIDに参加することを決めたこの理由のためのプラットフォームを提供します。

Thingarage(のアイデアから生まれたプロジェクトwww.thingarage.com)、印刷3D」の技法で作られた社会的に有益な製品に報酬を与えることを目的と技術的なパートナーVectorealism、のコラボレーションで。

3DPRINTforAID (www.thingarage.com/c/3dprintaid)唯一の論理的解答3D印刷市場は個性と独占の希望に基づいてという考えを克服するために設計されたコンテストがあります。 コンテストの集大成は、市場が、人々の生活の質ではありません。

目標は、特定の問題を解決するか、発展途上国の人口のための人道支援になることができ3Dで印刷オブジェクトを作成することです。

「コール今回はメーカーやデザイナーに目を向けます」ローラ·デ·ベネデットは、追加します 「オブジェクトを設計することは、デザインの面で「クール」が、実際の問題を解決するために有用ではありません。 我々は、デジタル製造の技術はまた、完璧なデザイナーの自己生産のためのツールが、第三次産業革命の原動力、重工業の負の影響を制限し、モデルの登場をサポートするためにいくつかのことができるの一つであることを示したいと思います生産より持続可能:拡散工場」。

3dprintforaidソーシャルデザインマガジン-02

競争への参加は、欧州全域で無料やデザイナーに開いて、個人またはグループで、アクティブです。

購読するには、(Webサイトにアクセスしてくださいwww.thingarage.com/c/3dprintaid)、フォームに必要事項を記入し、火曜日23 9月2014によって必要書類を送る。

社会的なユーティリティ、設計革新、低い生産コスト、最大の機能、簡単な実現可能性:プロジェクトの評価は5つの基準に基づいて行われます。

コンテストの審査員は、から構成されています。 アントネッロBalestrieri(CEO兼共同創設者Thingarage)。 ベアトリスコスタ(部門ディレクターアクションエイドイタリア)。 ローラ·デ·ベネデット(共同創設者MakeTank)。 リッカルド·ルチアーニ(ディレクターおよび共同設立者でインパクトハブフィレンツェ)。 エレオノーラリッチ(デザイナー、起業家 - Vectorealism)。 受賞プロジェクトのプロトタイプは、パートナーVectorealismによって実装されます。

3dprintforaidソーシャルデザインマガジン-03

3dprintforaidソーシャルデザインマガジン-04

「なぜコンテストに参加3DPRINTforAID? 私はむしろ尋ねる:なぜそれをしません」ThingarageのアントネッロBalestrieriは言う、 「3DPRINTforAIDはメーカーにとって理想的なコンテストです:彼は簡単に、非常にいくつかの制約を開け、創造性とファンタジーのための大きな部屋を出ます。 そして、すべてのほとんどは、正当な理由のためである:恵まれないの生活条件を改善すること。 そして、「確かにThingarageは創業以来のプラットフォーム上でホストされていますが、私たちは私たちに大きな満足を与えると確信しています。「最も野心的なコンテスト

エリアは、どの設計者が焦点を当てる必要があります? ベアトリスコスタアクションエイドは疑問を持っていません。 彼らはそれはまだ世界で今日起こるように、より差別​​や暴力を苦しまなければならないことができるように「私たちは、デジタル製作をしたいと思い、それらに影響を与える技術革新で、世界の小規模農家の権利の促進に寄与するだけでなく、女性のために設計された作品。 データとほとんど除外するための情報へのアクセスの欠如のギャップを埋める高い技術含有量の発明ではないための鍵となります(前)将来の飢餓、貧困と排除以上を占めています。」