アーキテクチャ

ワークショップレオニア、リトレイン広場ボルゴドーラ、トリノ

banner_workshop_leonia
ワークショップレオニア、リトレイン広場ボルゴドーラ、トリノ それが変更されました: 2012-05-07 di ベネディクト花

広場ボルゴドラの再開発 自己構築で作られたストリート家具のインスタレーションと「廃棄物」の使用

Izmo 整理し 参加型計画ワークショップやDIY 内の レオニアプロジェクト、Compagniaはディサンパオロ主催のコール世代クリエイティブ、受賞。
から 月に、18週末に16 4月 金曜日と土曜日の参加者に、(2 3〜6月を除く) インストールのシリーズを設計し、実装します トリノのポルタパラッツォ地区を再開発するために。 第7地区とゲートと共同で特定された介入エリアは、カヴァッリ兵舎の前の広場-元アルセナーレボルゴドラ(ボルゴドラ広場-トリノ)になります。 参加者は、 入門レッスン 彼らが提示するであろう レオニアの研究フェーズの結果、に同行される 設計段階 それはで終了します アーバンファニッシング製品の作成 ピアッツァボルゴドラの再開発に役立つ。
自己建設段階の意志 チェッキポイントワークショップ内に収容 となります Izmoが提供する使用される材料 (これらは廃棄物とみなされる前に回収された)と 産業連合に関連する企業による (副産物)。
研究所は、学年と出身のすべての学生、専門家、そして「廃棄物」を使用した都市の再開発、自己構築、および自己生産のデザインのテーマに関心のあるすべての人に開かれています。 加入者には、実現に必要なすべての資料とツールが提供されます。

 

何: ワークショップレオニア
件名: ボルゴドラ広場を再開発し、自己構築で「廃棄物」を使用してストリート家具を設置します
いつ: 18年16月2012日〜4月XNUMX日(XNUMXつの週末-金曜日と土曜日)
ここで: トリノ、イタリア
営業時間: 9:00 - 19:00pm
どうやって: レッスン、progettazone、実現
組織: の支援を受けてIzmo COMPAGNIAディサンパオロ, チェッキポイント e トリノの工業連合
費用: 40€(5€会議あたり)

 

Izmo トリノ2006で生まれ、参加型のプロセスに関与している、地域開発、建築、デザインと新しいメディア。
この名前は、XNUMXつの領域を結合する細い土地であるイスムスとの調和に由来しています:私たちの研究分野は、実際には領域であり、個人と空間の関係の場所であり、私たちの使命は、それらの間の領域を結合することです。 、領土を持ち、都市の再開発と設置を通じて彼らの間で市民。 セミナー、会議、ワークショップの開催。 共同Webプラットフォームの開発。 いずれの場合も、イズモの活動と行動は、介入の影響を受けた場所と市民を読んだり聞いたりすることから生まれます。

登録と情報について
ラボに登録するには、次のアドレスにCVを添付してアプリケーションを送信する必要があります。 associazione@izmo.it バイ 16月2012。

Izmo-集めさせた
FitzLab-Aosta経由、8-10152-Turin-イタリア
associazione@izmo.it
パスクアーレオノフリオ:+ 39 340 5328632
アレッサンドロGrella:+ 39 328 4838858

 

詳しくは ここで

お勧めの関連ガジェット

返信