アーキテクチャ

Herzog&deMeuronによるMilanExpo2015のスローフードパビリオン

食品ミラノ万博パビリオン2015を遅らせます
Herzog&deMeuronによるMilanExpo2015のスローフードパビリオン それが変更されました: 2015-08-17 di ベネディクト花

Herzog&deMeuronによって設計されたMilanExpo2015のSlowFoodパビリオンでは、訪問者は農業と食品の生物多様性の重要性を発見し、生物多様性の主役であるさまざまな製品を探索し、新しい習慣を採用する必要性に気付くことができます。消費。

パビリオンのコンセプトは、食堂と市場の雰囲気を作り出すシンプルなテーブルレイアウトに基づいています。 人々は視覚的な貢献を見て、さまざまな消費習慣と地球への影響に関する重要なテキストを読み、持続可能な農業と地元の食品生産の指数と会って話し合い、代替アプローチについて学び、匂いを嗅ぐことができます。農産物の味と豊かさ、そして食物の生物多様性。

スペース内には、中庭または市場の三角形のスペースを定義する、古風でほとんど原始的な木製の構造物がXNUMXつ建てられています。 これらの小屋は、「カシーナ」のロンバード農家を思わせる細長い建物です。 博覧会の後、それらは「コンドッタのオルト」イニシアチブのためにスローフードによってイタリア中の学校の庭の庭の家として解体され、再組み立てされます。

食品ミラノ万博パビリオン2015を遅らせます

食品ミラノ万博パビリオン2015を遅らせます

食品ミラノ万博パビリオン2015を遅らせます

食品ミラノ万博パビリオン2015を遅らせます

食品ミラノ万博パビリオン2015を遅らせます

食品ミラノ万博パビリオン2015を遅らせます

写真クレジット: マルコJetti

プロジェクト: Herzog&de Meuron

お勧めの関連ガジェット

返信