アーキテクチャ

Stipfoldが手掛けたONYXAMBLEキャビン

Stipfoldが手掛けたONYXAMBLEキャビン
Stipfoldが手掛けたONYXAMBLEキャビン それが変更されました: 2019-01-29 di ベネディクト花

XNUMXつの角のある形のキャビンの周りに折りたたまれた金属パネル。 それらは同様に構造化されていますが、傾斜した地面に配置すると、単一の生物が表面をジグザグに移動するイメージが作成されます。

ウッドパネルのユニットはXNUMXつのセクションに分かれています。XNUMXつはXNUMXつのレベルに分かれており、XNUMXつのベッドルームがあり、もうXNUMXつは完全に広々としたリビングエリア専用です。

透明な穴あき金属フェンスがバルコニーの手すりを形成します。 XNUMX階には中庭に面したガレージとサウナがあります。 キャビンの近くに子供用の遊び場があります。

 

Stipfoldが手掛けたONYXAMBLEキャビン

Stipfoldが手掛けたONYXAMBLEキャビン

Stipfoldが手掛けたONYXAMBLEキャビン

Stipfold axonometryによるONYXAMBLEキャビン

Stipfold axonometryによるONYXAMBLEキャビン

Stipfold axonometryによるONYXAMBLEキャビン

Stipfold axonometryによるONYXAMBLEキャビン

 

 

クレジット:

建築: STIPFOLD
プロジェクトチーム: Beka Pkhakadze / Giorgi Bendelava / Giorgi Tsuladze
コピーライター: ミカ・モツコビリ 
勤務地: Bakuriani /ジョージア
タイプ: マスタープラン/住宅/住宅
エリア: 2200㎡ 
年: 2018
ステータス: 進行中

お勧めの関連ガジェット

返信