アーキテクチャ

市2を再生中に使用/天分のため

01_For_Use_Numen_tape_installation
市2を再生中に使用/天分のため それが変更されました: 2011-06-02 di ベネディクト花

の最新のインストール 使用/天分のために フランクフルトで。 このインスタレーションは、フランクフルトのSchirn Kunsthalleが主催した、公共スペースで2人の国際的なアーティストが参加した「PlayingtheCity20」展の一部でした。 Matthias Ulrichによってキュレーションされたこの展示会には、フランクフルトの中心部とその住民が参加しています。

Austro-Croatian collective For Use / Numenは、標準の粘着テープを使用して、屋内と屋外のウォークイン設備を作成します。 それらは、フロート、透明な繭、生物形態の建築、1960年代と1970年代の都会のユートピアに似ています。インスタレーションは、印象的な半透明の光景と、ユーザーが横になっている、または座っている外の世界から自分自身を隔離できるウォークイン風景の両方を提供します。

02_For_Use_Numen_tape_installation

03_For_Use_Numen_tape_installation

04_For_Use_Numen_tape_installation

05_For_Use_Numen_tape_installation

06_For_Use_Numen_tape_installation

お勧めの関連ガジェット

返信