アーキテクチャ

エキスポミラノ2015、日本は食文化を提案しています

ジャパンエキスポパビリオンミラノ2015北川原温のチームラボネンドX1 818x546
エキスポミラノ2015、日本は食文化を提案しています それが変更されました: 2015-05-18 di ジェシカzannori

日本は、健康的で持続可能でバランスの取れた食事の例として食文化を提案することを目的として、エキスポミラノ2015に参加しています。

さらに、同国はこのイベントを、2011年の壊滅的な地震後のイメージを促進する機会と見なし、ビジネスと観光の機会を促進しています。

建築家によって設計された 敦Kitagawara パビリオンは、知名度の高い創作和食のインストールが含まれています ネンド e チームラボ.
パビリオンは、伝統的な文化と高度な技術を融合させ、ジョイントが金属製のフックなしで彫刻された木材のみで構成される圧縮変形法を使用しています。 三次元の木製グリッドは、「多様性のボウル」として想像される日本の季節変動の起源を象徴しています。

調和のとれた多様性をテーマに、TeamLabクリエイティブスタジオはパビリオン内でXNUMXつのアート展を開催します。 インタラクティブなインスタレーションはXNUMXつの部屋にまたがっており、没入型の投影スペースがあり、訪問者は日本の食品情報のデジタルカスケードで技術的な広がりを歩き回る必要があります。

パビリオンの一環として、日本のスタジオネンドは椅子のシリーズを伴う傾斜テーブルを設計しました。

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド02

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド03

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド04

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド05

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド06

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド08

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド09

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド10

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド11

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraのチームラボネンド13 818x445

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraのチームラボネンド16 818x545

お勧めの関連ガジェット

返信