アーキテクチャ

エキスポミラノ2015、日本は食文化を提案しています

ジャパンエキスポパビリオンミラノ2015北川原温のチームラボネンドX1 818x546
エキスポミラノ2015、日本は食文化を提案しています それが変更されました: 2015-05-18 di ジェシカzannori

日本は健康的な食事、持続可能かつ均衡ある成長の一例としての食文化を提供する目的で、万博ミラノ2015に参加します。

また、国は、ビジネスや観光の機会を育成、2011の壊滅的な地震の後、そのイメージを促進するための機会として、イベントを見ています。

によって設計され 敦Kitagawara パビリオンは、知名度の高い創作和食のインストールが含まれています ネンド e チームラボ.
パビリオンは、金属製のフックなし、関節だけ木彫りで構成された圧縮変形の方法を用いて、高度な技術と伝統文化を融合しています。 木材の三次元グリッドは、彼のように想像し、日本の季節変動の起源を象徴する「多様性のボウル。」

調和のとれた多様性をテーマに、クリエイティブスタジオチームラボは、パビリオンで2美術展があります。 対話型インストールでは、海の技術、日本料理のデジタル情報の滝を通って渡るために訪問者を必要と没入型投影面積を含む二つの部屋で配布されています。

パビリオンの一環として、日本のスタジオネンドは椅子のシリーズを伴う傾斜テーブルを設計しました。

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド02

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド03

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド04

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド05

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド06

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド08

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド09

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド10

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraチームラボネンド11

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraのチームラボネンド13 818x445

日本パビリオンの博覧会ミラノ2015敦Kitagawaraのチームラボネンド16 818x545

お勧めの関連ガジェット

返信