アーキテクチャ

着色は万博2015でエクアドルパビリオンのための陽極酸化アルミニウム

エクアドルパビリオン万博ミラノ
着色は万博2015でエクアドルパビリオンのための陽極酸化アルミニウム それが変更されました: 2015-08-17 di ベネディクト花

研究デザインZorrozua&アソシエイツは、ミラノ万博エクアドル2015でパビリオンの外側を覆う着色アルマイト巨大なテントを選びました。

建物は、訪問者がエクアドルのさまざまな自然の領域を通る経路をたどることができる3つのフロアがあります。 ファサードに描かれた民間伝承のモチーフは、エクアドルの文化の表現であり、オタバロ地域の伝統的な織物工芸に触発されています。

プロジェクトは、場所に9メートルに達し、10,5メートルの平均高さと、四方に分割されています。 東西は25,4メートルそれぞれながら北壁と南壁は、広い15メーターです。
材料の明度が巨大な割合でこのような金属構造の作成を可能にしました。 テントの設置は、わずか3日間で行われました。

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

エクアドルパビリオン万博ミラノ

写真クレジット: マルセラ·グラッシ

プロジェクト: Zorrozua&アソシエイツ

お勧めの関連ガジェット

返信