建築ニュース

12世紀の建物であるサンカルロ広場から目と鼻の先にあるトリノのLAGRANGE600レジデンスの開業が街に戻ります

12世紀の建物であるサンカルロ広場から目と鼻の先にあるトリノのLAGRANGE600レジデンスの開業が街に戻ります それが変更されました: 2016-09-30 di ベネディクト花

トリノの遊歩道とショッピングの中心部にあるラグランジュ12経由で、歴史的な新古典主義の形態と現代の建築との対話として現れる住宅プロジェクトが開始されました。都市は世界で愛されています。

市民は、古代の形、最先端の技術、デザイン、快適さのバランスを取りながら、改装された歴史的な建物を返還されます。 面積3500平方メートル、ビルディンググループ(building.it)の建築家がピニンファリーナスタジオと共同で設計したXNUMXつの高級アパートメント、XNUMX階建ての店舗、パノラマテラス付きのXNUMXつのペントハウスがプロジェクトを構成しています。 アールデコイタリアのデッキ会社である、は、500つのペントハウスのパノラマテラスを合計2mXNUMXでカバーしました。

このプロジェクトで選ばれた製品は、住宅に完全にフィットするエレガントなアンティークグレーカラーのUltraShield®複合材で、最新世代の複合材の利点に天然木の美学と暖かさを提供します。 板を外部から保護する特別な引っかき傷防止および汚れ防止プラスチックシールドのおかげで、UltraShield®は実際に手触りが良く、美しく、耐久性があり、耐性があり、経時的な色の変化の影響を受けない製品です。

また、環境に配慮した選択肢でもあります。プロファイルを構成する木粉は、森林伐採への影響がなく、リサイクルされた削りくずから作られています。HDPE(高密度ポリエチレン)のコンポーネントは、PVCの代替品であり、完全に生分解性です。 。

Décoの2010人の共同創設者のXNUMX人であるPaoloDamianiは、次のように述べています。 、私たちの販売ネットワークのプロ意識に加えて。 この成功のメリットは、この住居用に選択されたUltraShield®プロファイル、Déco限定であり、全国でデッキの解釈方法に革命をもたらしていることにもあります。」

デコ-UltraShield-ラグランジュ - トリノ-4

デコ-UltraShield-ラグランジュ - トリノ-2

デコ-UltraShield-ラグランジュ - トリノ-01

写真クレジット(ピエロオッタヴィアーノ©)

お勧めの関連ガジェット

返信