建築コンテスト

デュポンは「顔の変更」を国際的な建築競争の勝者を発表します

CH46E3 1
デュポンは「顔の変更」を国際的な建築競争の勝者を発表します それが変更されました: 2014-01-03 di ジェシカzannori

「ChangingtheFace」国際建築コンペティションの第XNUMX版の受賞者が発表されました 競技主催者によって: デュポン、PKO銀行Polskiの、建築家ポーランドの連合とグリーンビルディング協会のポーランド支店。

競争の目的は、ワルシャワロタンダの改修を設計することでした、都市の現代的なシンボルのXNUMXつであり、文化活動に使用される場所の内部や一般に公開されている都市空間を備えた建物の設計など、厳格なガイドラインを考慮に入れています。 プロジェクトは、DuPont™Corian®テクノサーフェス、DuPont™Tyvek®通気性ビルディングメンブレン、DuPont™Plantex®造園ジオテキスタイル、DuPont™テフロンペイントなどのDuPont材料の使用を考慮して設計する必要がありました。積層安全ガラス用の®およびDuPont™SentryGlas®中間層。 

陪審員は、一等賞を受賞した建設予定のプロジェクトが、クラコウのポーランド人建築家のチームによって考案されたものになることに満場一致で同意しました。 Gowin-吹田市。 受賞プロジェクトは、忠実にロタンダの原形を保ち、競争のすべての基準を満たし、同時に、最高の美的基準や機能を使用することを特徴建築空間と都市を定義している。

PKO Bank Polskaは、今後数週間以内にプロジェクトの実施について受賞者との交渉を開始する予定です。優勝したプロジェクトは、PKO Bank Polskaとコミュニティのためのモダンな建物の作成とともに、元のRotundaの持続可能性を保証します。」 ウォジミエシSobon、デュポンの戦略プログラムマネージャーは述べています。 「DuPont™SentryGlas®やDuPont™Corian®などの革新的なソリューションを使用すると、建物の透明性と新たに発見されたファサードの素晴らしさが安全に復元され、持続可能な建物認証の取得につながる可能性があります。」 Sobon続けた。

ロタンダは、ワルシャワの文化的なランドマークの一つであり、この理由のため、PKO銀行ポルスカは、都市の使用または公衆に建物の一部を割り当てることを決定しました。 4月と5月2013で開催された公共の協議の際、ロタンダ内部の都市空間の利用のための提案を含む、ワルシャワの住民が記入10.000アンケートより発表されました。 相談の結果は、関係で報告されており、コンテスト参加者全員への要件に統合されている。 競争は世界的な建築家の関心を集めている。 実際には国から1040 79チームを記録し、214プロジェクトを受け取った。 10ではなく、最後の第二段階のために選択されたものだった。

CHAAFE 1

チャンギ4

CHDCA3 1

受賞プロジェクトの詳細:

  • 広場の舗装は、銀行を強調視覚的なフレームを提供し、道路にまで拡張する定期的なグリッドでの部門を提供しています。
  • 広場の側では豊かな緑です。
  • 正方形の舗装に統合元の照明システムは、作成
  • 居心地の良い室内環境の感触、そして近くの避難所がWiechaを歩くのと同じ高さを維持することによって、継続の感覚を与える。
  • 銀行のオフィスはロタンダの建物は地上階にとに配置されます復活
  • 地下室。
  • 建物の500階全体の大きさの「アーバンサルーン」は、パブリックスペースの機能を持ちます。 約2mXNUMXのスペースにより、以下を含む公開協議中に提示されたワルシャワ市民のアイデアの実装が可能になります。
    • -文化的イベントに関するマルチメディア情報ポイント、
    • -リラックスしたり会ったりする場所、
    • -入場無料のアートギャラリー、
    • -カフェテリア。

コンテストの勝者の完全なリスト:
陪審員は、特別な言及を四大賞を受賞し、5は、ex aequoに言及:

1 PRIZE --15.500ドル
著者:BartłomiejGowin、クシシュトフSiuta(Gowin-Siuta、ポーランド)
アソシエイツ:エバGawron-Szpener修士課程工学アーチ(ディスプレイ)、WiesławBereza修士。。。 工学。KBProjekty Konstrukcyjne(構造協議)

2 PRIZE Exaequo --6.600ドル
著者:ナタリアWilczak(ポーランド)

2 PRIZE Exaequo --6.600ドル
著者:Rodrigo Garcia、Maciej Siuda、Gonzalo del Val(スペイン-ポーランド)

3 PRIZE --5.800ドル
著者:マチェイDobosz、ヨランタメジャー、イザベラOwczarek、カロリナKalitan(Dobosz Architekci、ポーランド)
特別な言及-5.800ドル
著者:GüntlerHatherl、エイドリアンUkleja、マーティンSladek(キャラメルアーキテクテンZT GmbH社、オーストリア)
特別な言及-5.800ドル
著者:GüntlerHatherl、エイドリアンUkleja、マーティンSladek(キャラメルアーキテクテンZT GmbH社、オーストリア)
Exaequoの言及-5.000ドル
·ホワイト:マウゴジャータKosieradzka、カリンヘドランド、アンドレアスLaessker、イェルーンMattijssen、マリアノルベルグ、Jajsaスパーリング、ブリッタWikholm、マリークロードデュボア(スウェーデン)
·ジョアンジャウメリエラ、ミレイアCabani Massip、イザベルBauzáメストレ、マネル·ガルシアライミス(スペイン)
·DORELL.GHOTMEH.TANE /建築家:ダン·ドレル、リナGhotmeh、剛タネ(フランス)
Grzegorz Brykalski、MariaBrykalska-Karłowska、StanisławKarłowski、JuliaKarłowska(ポーランド)
PracowniaArchitekturyGłowackiPAG:TomaszGłowacki、Alicja Sawicka、MałgorzataBieńkowska(ポーランド)

審査員*
競争 "CTF 2013」に参加したプロジェクトは、から構成される審査員によって評価した:
KonradKucza-Kuczyński-ポーランド建築家連合のワルシャワ支部の建築家(OddziałWarszawski、StowarzyszenieArchitektówPolskich-OWSARP)-審査委員長、
Andrzej Bulanda-アーキテクト、OW SARP、MichałŁojewski-グラフィックデザイナー、PKO BankPolskiの新しい企業アイデンティティの作成者
TomaszMarszałł-PKOBankPolskiのマーケティングディレクター、MaciejMiłobędzki-アーキテクト、OW SARP、
·マルチンモスタファ - 建築家、SARP OW、
GrzegorzPiątek-建築家および建築評論家(審査員会中、ワルシャワ市庁舎の公共スペース美学部長)
·ラファウSchurma - 建築家、ポーランドのグリーンビルディング評議会、
·ウォジミエシSobon - デュポンの戦略的プログラムマネージャー、
·はMateuszŚwiętorzecki - 建築家、OW SARP。

勝利プロジェクトおよび最終段階に達している人たちは、12月31 2013まで建物ロタンダで見られるだけでなく、競争の公式ウェブサイトを訪問することができます: www.ChangingTheFace.com

お勧めの関連ガジェット

返信