デザインニュース

サローネ2013でフラビオScalzoによって設計DiciannoveDieciDesign、オブジェクト

14 4月までは、で サローネサテライト 家具見本市 - パッド22 / 24 43スタンド-Bは - の成果を上演しています フラビオScalzo、デザイナースタジオ DiciannoveDieciDesign.

研究、開発、創造性は、ライフスタイルなどのイタリア製解釈フラビオScalzoによって設計され、設計のオブジェクト、形状を取る:巧み伝統、素材や技術を混合、アイデアが形を取り、元の日常のオブジェクトの形をとり、しかし時間をかけて彼らのコミュニケーション力を保持している複数の用途による。

国際的な成功をdell'originalissima後、 曖昧性解消 - シンクバス、その逆になる - フラビオScalzoはミラノサローネで発表 表カーラ、特定の形状によって高貴な花を思わせる​​様式化。

続きを読みます...

デザイン

DiciannoveDieciDesign /テーブルオランダカイウ

テーブルは、その透明性と数字と、ベース曲面ガラスの内側に滑る前に急いで楕円形の支配から成り、様式化された形の花オランダカイウを示し送る、それは花に配置された容器を演じる「一時停止の錯覚と不安定ため、エレガンスを打つのイメージを想起させる。

続きを読みます...