アーキテクチャ

エキスポミラノ2015、カルロ・ラッティ未来食品地区

ミラノの見本市会場 万博2015、デザインスタジオイタリアカルロラッティAssociatiは「未来食地区」と題するテーマパビリオンを設計しました。

構造は、技術は、人々は、個々の製品と相互作用し、購入することができますデジタルスーパーマーケットの内部に、食物と一緒に私たちの日常の相互作用を変更する方法を示しています。

続きを読みます...

ビジュアル

EXPOP 2012、博覧会はポップになります

ジェームズBiraghiが提案した公園オービタル、プロジェクトの地図

21 6月の万博は「ポップ」になります。 すべての参加にオープンエキスポ:そして、「これはEXPOPの目標である。 今年は公衆に提示いくつかのプロジェクトとの版数ゼロEXPOPのシーンは彼らのために投票すると、新しいものを提案するに招待されますされている。 最高のは、エディションEXPOP 2013で上演されます。 プロジェクトは、ミラノのアリーナ10経由で21 7保育園リーヴァから見えるようになります。 中でもがあるでしょう:万博ミラノとインテルのために軌道公園、動物園D'アルティスタ、ミラノショー、EXPOPティーン、EatMi、芸術村、イタリアのアート。 市民参加は無料です。

続きを読みます...