デザイン

イタリアで最終的にフィンランドのイッタラブランド

イッタラの写真風06.032013 PaoloIacono
イタリアで最終的にフィンランドのイッタラブランド それが変更されました: 2013-03-12 di ベネディクト花

あなたは鍋を知っています アルヴァ・アアルト? 数日前、ミラノ・デザイン・ライブラリーで開催された記者会見で、彼はブランドを発表しました。 イッタラ、デザインブランドはイッタラの村で1881で生まれた、それは、デザインの他のオブジェクトの中で、正確に忘れられないフィンランドの建築家の血管を作り出します。

イッタラブランドから2007はフィスカースグループに属し、初めて正式に彼らと永遠に続くことを運命づけた製品の世代をもたらすイタリアに到着します。

「私たちが生きている厳しい経済状況にもかかわらず、私は、お互いに完璧に組み合わせることのできるユニークな製品と機能を介して私たちのすべての日々の生活を豊かにだけでなく、審美的に美しくするのに役立ちますブランド、イタリアでイッタラを持ってきたことを誇りに思いますテーブルの各タイプ」 ポール博士Iacono、フィスカルスイタリアのマネージングディレクターは述べています。

イッタラフォトイベント06.03.2013 MattiKlenell

イベントは、設計者が出席しました マッティKlenell イッタラのための彼のガラスやキャンドルホルダーNappula Lempiラインを実施しました。

「ガラスはいつも私のDNAの一部です。 「私は、私の両親を見て育った職人の両方がガラスでの作業と私はそれが私自身の作る、それに応じて、助けることがこの美しい芸術に興味を持って取得しませんでした 彼は芸術家に語りました。 「私は私が好きで、私は都市に住んでいる人たちのほとんどのようにガラスで見つけることを期待するものの機能、オブジェクトを格納するためのスペースの定数不足に苦しむメガネの種類について多くのことを考えました。 ガラスは、私たちの生涯で最も使用される目的の一つである、と自宅で彼らは常に多数を提供しています。 私は効率的にカップスタッキング用空間を演出したかったです。 わずか2または3のガラスを積み重ねるあなたは多くのスペースを節約することができます。 そしてこうしてそれはLempi」が誕生しました Klenell続けました。

「Nappulaの形のために私は様々な要素に触発されました。 私は、Oivaトイッカの鳥の1のベースとタピオ・ヴィルカラによって設計されたガラスの形状を研究し、また、私は鈍い底と足を持っていたNuutajärviガラス美術館、で見た古いテーブルに見舞われてきた、彼は私にインスピレーションを与えまた、ガラスLempiガラス棒のラウンド形状。 Nappulaそれはスタイルやアイデアの混合物から生まれています。」

お勧めの関連ガジェット

返信