デザイン

ミラノデザインウィーク2011で致命的なエラー/ Deadidea

フロント
ミラノデザインウィーク2011で致命的なエラー/ Deadidea それが変更されました: 2011-04-09 (USA) di ベネディクト花

ミラノ - デザインウィーク2011、Deadidea、2007からプロジェクトの設計通り、バックステージに新しいアクション、常にブランドを区別した「死と不死」の概念に新たな視点を持ちます。 コンセプトanalizzareranno致命的なエラーの今年アンジェロフナイとロビChendlerオリジネーター。
プロジェクトは、プロジェクトの公式ウェブサイト上で4月12 2011のオンラインで次のようになります。 http:// www.deadidea.net

コンセプト:
すべての種類の災害に至るまで社会史の文脈において:各コースの地震、津波、核爆発、流行、戦争、危機や利己主義、nascostee合法暴利を生存。 破壊は、よく私たちの無意識のテーブルの上にマスメディアによってサービスの毎日の食事になっています。 このシステムは、絶滅になる可能性があります。

ウイルスのキャンペーン/アウト·ドア:
毎日の事実として「大虐殺」、フィルターがなく、善のないintrattenimento.Unインストールと死の光景は、私たちの周りの世界に私たちの中毒シニカル注目の恐ろしいミラーとなります。

勤務地:
ベンチュラデザイン地区

セクター:
デッドデザイン/ Webデザイン/デザインの方向

Ядолженэтоостановить、покавсемыневзлетелинавоздух。

Яхочу、чтобывыобеспечилиполнуюнедоступностьнашихбанковданныхдляпосторонних、 "逃走迷路のрусификатор「СказалСмит。

Мызавертелисьволчками、когдасилатяжестибыстроушла。

お勧めの関連ガジェット

返信