デザイン

アンドレア橋/フュージョン:エボニーとメープルホワイト日本の包丁

アンドレアは融合01ナイフを橋渡し
アンドレア橋/フュージョン:エボニーとメープルホワイト日本の包丁 それが変更されました: 2013-04-24 (USA) di ベネディクト花

東と西、工業品や工芸品の設計:二つの文化と2つの非常に遠くのデザイン言語が異なる緯度の市場のための革新的な製品を作成するために、研究の範囲設計経験の物語の中で、設計の共通言語を介して一緒に来ました。 このコラボレーションから生じた最初の製品は「融合」と呼ばれ、2されています 包丁黒檀と白のメープル によって設計され アンドレア・ブリッジ.

京都の製品と日本による限定版でハンドメイド 一世花岡ミニマリストの精神と、現代的で普遍的な非常に単純化されたデザインを保持しつつ、木材加工の日本の伝統的な技術を参照してください。 どちらのモデルも、快適で安全なグリップを保証する人間工学に基づいたハンドルを備えています。

アンドレアは融合02ナイフを橋渡し

2つのサイズとブレードの2つのタイプ:鋸歯状とスムーズ。 最初は、パン用のチーズ、フルーツ、ペストリーのための第二を示しました。 ハンドルとブレード間の接合部のないデザインが最大の衛生と簡単に洗浄することができます。 下部にミリメートルの第十未満の厚さを持つブレードは、非常に鋭いナイフを作るが、同時に簡単に研ぎ直すします。 でもパッケージングのために、我々は唯一の製品が含まれていますが、湿気から保護し、時間をかけてそのまま保管しないで、この場合、フォームは機能に従うイタリアンデザインの言語を通じて再訪「kiribako「日本の伝統的なボックスを、手直しすることを決めました。 両モデルとも(予約によりご利用いただけますinfo@andreaponti.com)

アンドレアは融合03ナイフを橋渡し

アンドレアは融合04ナイフを橋渡し

アンドレアは融合05ナイフを橋渡し

お勧めの関連ガジェット

返信